最適な勉強法で

教室での子ども達

行政書士の資格は、取ろうと思えば独学でも取ることができる資格だと言われていますが、独学がニガテな人の場合はいつまで立っても試験を受けられる状態に近づかないこともあります。 そういった人の場合は学校に通うなどして行政書士資格取得に向けて講義を受けるしかないのですが、やはり学校に通うとなると最低でも16万円は必要です。 16万円というこの数字はあくまでも入学金を差し引いた額なので、実際には授業料16万円入学金3万円で約19万円程度の費用が発生します。 つまり、独学で資格を取得した方が圧倒的にお得であり、学校に通うとなると相当な額の出費が必要となるのです。 もし、費用を少しでも節約したいのであれば、独学で勉強することをおすすめします。

昨今では資格予備校なども充実しており、ネットで行政書士について教えてくれるようなタイプの講師も出てきているのですが、行政書士というのは独学で取得する人も少なくない資格です。 そのため「自分でも独学で合格できるはず」という期待から参考書一つで試験に臨もうとする人もいるのですが、もともと行政書士の資格というのは独学で取れるような資格ではなく、昔は学校で通って勉強したり、通信教育を利用したりするのが当たり前の資格だとされていたのです。 もし独学に限界を感じるのであれば最初から予備校に通った方がむしろ経済的だと言えますし、予備校で学んだ人の方がどうしても合格率が高いので、試験に確実に受かりたいのであれば、大金を払ってでもきちんと学校に通うようにしましょう。