コストカットの為にIPフォンを利用しよう【特徴をリサーチ】

記事リスト

IT機器を調達する方法

複合機

IT機器の導入方法

日本は高度情報化社会を迎えており、ビジネスの世界においてもIT化がますます進展しています。ワープロはパソコンに変わり、プリンター以外にもファックスやスキャナーを使うことが普通になっています。オフィスにはたくさんの機器が導入されましたが、その占有するスペースがムダになります。そこで、需要が高まっているのが複合機です。複合機は、コピーはもちろんのこと、ファックス、スキャナー、プリンター等の数種類の機能を有する多機能IT機器です。デジタル複合機はパソコンとの親和性が高く、パソコン上のデータのプリントアウト、ファックスもできますし、紙データをスキャンしてデジタルデータとしてパソコンに取り込むことも可能です。機器も1台で済みますので、メンテ費用も抑えることができます。しかし、高性能であるだけに購入するとなると結構な費用がかかります。そこで複合機をリースする会社も増えています。このため、この需要に応えるためにリース会社もたくさんできています。リース契約による消耗品交換も含む保守点検費用がリース会社にとって大きな収益源となっています。一方で、リースによって調達することにより、新機種を導入する場合も、買い換えでなく、リース期間の満了毎に新しい機種にリース替えすることによって新機種を導入することができます。リースの場合、リース費用はかかりますが、実際に購入した複合機を減価償却するまで使うことを考えるとリースは有効な手段です。

Copyright© 2018 コストカットの為にIPフォンを利用しよう【特徴をリサーチ】 All Rights Reserved.