コストカットの為にIPフォンを利用しよう【特徴をリサーチ】

記事リスト

インクの乾燥が大きな要因

ウーマン

保証期間内なら無料修理も

プリンターが目詰まりする一番の原因は、インクが乾燥して吹き出しノズルをふさいでしまうことです。目詰まりが起こりやすいのは毎日頻繁に使っているプリンターよりも、あまり使用頻度が高くないプリンターのほうが多いのはこのためです。汚れたヘッドノズルを洗浄すると改善する場合もありますが、ヘッドクリーニング機能が搭載されていない機器の場合は専門業者に依頼して下さい。洗浄専用カートリッジで洗浄する方法もありますが、プリンター内部は精密な機器もあり、バランスもデリケートなので業者に任せましょう。自己責任で洗浄を行う事も出来ますが、予想外の部分に被害が及ぶ場合もありますので、あらかじめ承知しておく必要があります。洗浄方法は機器によって異なりますが、インクを外してノズル部分を露出させ、不織布などにぬるま湯を含ませて一定時間ノズルに押し当てます。また、ヘッドが外せる機種の場合はヘッドを取り出して個別に洗浄しますが、この時に基盤を濡らさないよう厳重注意が必要です。洗浄液を使用する場合はノズル全体を一定時間浸け置きする必要があり、取り付け時にも細部をドライヤーで完全に乾燥させる必要があります。間違った対処は新たな故障の原因にもなりますので、自動クリーニング機能や洗浄カートリッジがない場合には、自己処理はお奨め出来ません。保証期間内であればインクの目詰まりは無償修理が可能なのが一般的ですが、汚れがひどく、部品交換が必要になった場合は実費がかかります。ただし、対象はあくまで純正インクを使用した場合に限りますので、リサイクルインクや非純正品では対象外となるのが一般的です。純正インク以外は目詰まりを起こしやすい場合もあるので、注意が必要です。

Copyright© 2018 コストカットの為にIPフォンを利用しよう【特徴をリサーチ】 All Rights Reserved.