勉強に必要な時間

黒板にABC

社労士資格を取得するために必要な勉強時間は、800時間〜1000時間が目安と言われています。とは言え、これはあくまでも目安であり、効率良く学習することができれば800時間以下に短縮することもできますし、逆に学習の質が悪ければ1000時間以上かかってしまう場合もあります。 800時間以上に及ぶ学習時間の全てを、良質な状態で行うということは容易ではありません。少しでも効率良く学習を進めるためには、予備校や通信教育を利用するのが有効です。 予備校の社労士講座にかかる費用は、予備校への通学形式であれば20万円前後、通信講座であれば10万円前後のところが一般的です。講座の内容によっても費用は変動しますので、自分の学習状況に合わせたものを選択しましょう。

社労士の資格は、企業の人事・労務管理、社会保障などの法令に関するプロフェッショナルとして、人事・労務関連のコンサルティングや、社会保険に関する相談・指導を行うことができる、専門性の高いものです。また、社労士の資格があれば、将来的に独立開業も目指せることから、非常に人気の高い資格でもあります。 ここ数年の社労士試験の合格率は、年によっても上下がありますが、概ね7%前後となる傾向があります。7%という数字だけを見ると難関資格のように見えますが、実際には合格者の多くは1〜3回程度の受験で突破しています。ですから、予備校や通信講座を利用してしっかりと対策を行えば、初学者でも十分に合格を目指すことのできる資格であると言えます。